スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

タイと日本で計算のやり方が違う

急に思い出したので書きますが、

2+3×4=?

小学生でもわかる問題ですが答えは「14」ですよね。この場合はかけ算を先にやるんですよね。でもこれって世界統一なんでしょうか?

タイで学生がこんな感じの計算をやっていたときに、答えは「20」だと言いました。つまり前から順番に計算しているんです。他の学生もみんな20だと言うので、日本語科の学科長(タイ人)に聞きましたが、また20だと言いました。

そんなわけはないと言うことで数学の先生に聞きに行くとやはり「20」。

タイは計算のやり方が違うのか?日本だけ違うのか?世界には2通りのやり方があるのか?統一しなくて大丈夫なのか?

日本に戻ってからもこの疑問はまだ解決していません。ヤホーで調べても今のところこの計算方法の違いに関しては見つけていません。

そうなると、これ以外にもあるんじゃないかと思ってしまいます。今まで勉強してきたことが、世界基準じゃない。日本人の中でしか使えない。

これの最たるものが歴史の勉強ですよね。学校では教えずに隠している歴史はたくさんありますし、それぞれの国でその国に都合のいいことしか教えていません。そのおかげでさいきん領土問題が頻繁に起こっています。

まあそれはいいとして、さっき気が付いたんだけど、この話、以前にもブログで書いていたようです。2回目ですが、それだけ気になっている話なんです。

「計算の方法が違う タイ」で検索したら一番最初に出てきますよ。


スポンサーサイト
別窓 | バンコクのさむらい | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| たいころはタイのコロッケ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。