スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

たまごっち

娘が「たまごっちが欲しい」というので買ったのですが、1,000円ぐらいだと思っていたら、5,000円もしました。「もっといい物あるだろう」と説得を試みましたが、友達が持っていて、通信ができるからどうしても欲しいと言うので、しかたなく買いました。

昼間も育てなくちゃいけないので、たまごっちを私に託して学校へ行きます。カラーですが、最近のゲーム機と比べるとショボイ感じがします(5,000円もするのに)。娘が学校に行っている間、2-3回見るのですが、うんちのそうじをして、ご飯をあげるぐらいです。他にショッピング、ゲームセンター、公園などにも行けますが、これならWiiのソフト買ったほうがいいのでは?と思ってしまいます。

せっかくなのでヤホーで調べてみたのですが、1996年11月23日に出たのが最初だそうです。14年前ですね。私もまだ20代で、かなり興味はありました。値段は1,980円でした。

当時タイに住んでいたのですが、本物のたまごっちは高くて買えませんでした。発売して2-3ヶ月すると、韓国や台湾製の「たまごっちもどき」が多数発売されました。私も一つ買ったのですが、もちろん今のようにカラーではなく、マックのおまけに付いてきそうな代物です。ヘビみたいのを育てたのですが、当時はそこそこはまりました。

大学で日本語を教えていたのですが、持っている生徒は結構いたのではないでしょうか。授業中も「ピロピロ~」と鳴っていましたから。

あっ、たまごっちが呼んでいるので、この辺で失礼します・・・

たまごっち-Wikipedia


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| たいころはタイのコロッケ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。