スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

うまくやればうまくいく

最近たいころの周りにあるお店が軒並み閉まっていて、うちだけ孤立しています。まるで路地裏にあるお店みたいな感じになってしまいました。

OSU301ビルも万松寺ビルも閉まっているテナントが多いので、なんとかしてほしいですが、なんともならないので、こんな風になってるんでしょうね。

結局のところビルの集客力に対してテナント代が高すぎるので、やっていけないんですよね。だからと言ってあきらめてると、いつまでたってもこの状況はよくならないので、ちょっと考えて見ましょう。

大須商店街はここ数年で賑やかになりましたが、僕の学生時代は閑散としていました。しかし今では若い人向けの古着屋、食べ歩きのお店が立ち並び、昔からある老舗のお店と共存して、若者もお年寄りも訪れる街になりました。

つまり「うまくやればうまくいく」ということです。OSU301ビルも万松寺ビルは立地、集客力など状況がよく似ているし、中をつなげて行き来できるようにしています。ただ管理が違うので、それ以上は立ち入らないようにしています。この2つのビルが手を組んで、大きなビルになれば、未来が切り開かれるような気がします。

まず大須は地下街ではないので、暑い夏、寒い冬にはデパートや地下街に行きたいと思ってしまいます。そこでこの二つのビルの中をきちんとエアコンが効くようにすれば、大須を訪れた人は中に入ろうと思うはずです。

現在、ビルの壁は真っ白で殺風景な箇所が随所見られます。ここを面白く変えられたらいいと思います。

OSU301ビルの3階は中華街ですが、僕は中華料理にこだわらないほうがいいと思います。最初の取り決めで変えられないのかもしれませんが、もし変更が可能なら、いろいろな国の料理。あるいはもっと変更が可能なら、食券食堂のように色々なお店があって、真ん中にテーブルがたくさんあり、好きなものを買って来て食べるような感じ。あるいはもっと変更が可能なら、レストラン街をやめて、英会話教室、料理教室などの文化センターにする・・・

長くなりましたが、これはあくまでも僕個人の考えなので、これがいいかどうかは分かりませんし、ビルの経営者ではないので、何の権限もありません。しかしながら、このビルにテナントを借りている以上、ビルにお客さんが入ってくれないと話にならないので、自分の考えを書きました。なんとか今の状況を打破して、「うまくいくようにうまくやってほしい」と思っています。
スポンサーサイト
別窓 | たいころ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| たいころはタイのコロッケ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。