スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

しゃぶしゃぶ太郎

食べ放題の店の名前に「○○太郎」というのが多いですが、「しゃぶしゃぶ太郎」というお店が有松にあります。以前から気になっていたのですが、やっと行くことができました。

豚しゃぶがおすすめらしく「上質国産もち豚」というのがそそります。

ランチは豚しゃぶビュッフェが1,000円。牛肉も付けると1,250円。ドリンクバーは200円ですが、ホームページからダウンロードできるクーポンを使うと半額です。

今回は豚しゃぶにドリンクバーを付けて1,100円ランチを食べてきました。

通常昆布だしのスープですが、+200円でもう1種類別のスープも楽しめます。豆乳、すき焼き、コラーゲンなど選べるのですが、追加はなしで、無料の昆布だしで食べました。

豚肉はロースとバラの2種類で、「もち豚」というだけあって、もちもちしていて、どちらもおいしかったです。

ビュッフェなので、野菜やサラダ、カレー、デザート、アイス、お菓子も食べ放題。「これでこの値段!」と驚いてしまいます。

鍋がまた凝っていて、電気コンロに紙を敷いた篭が置いてあり、そこにスープが入っています。高級料亭って感じです。

ディナーだともうちょっと値段が上がってしまいますが、このランチはかなりお徳です。ランチは時間制限がなかったので、12時ぐらいから15時まで、3時間も居座ってしまいました。

しゃぶしゃぶ太郎(グルメGyaO)



スポンサーサイト
別窓 | グルメ(日本) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

世界山ちゃん

先日の『シルシルミシル』で『世界のやまちゃん』の特集をやっていました。

名古屋では昔からあるお店なので、みんな当然のように知っているのですが、数年前に東京進出して、今では全国区になりました。

ここの手羽先がうまいということで、以前はよく行ったのですが、お酒の取り締まりが厳しくなってからは行かなくなりました。ですから前回行ったのは10年ぐらい前です。

テレビでは手羽先の味を「辛い」と言っていたのですが、私の記憶では甘かったような気がします。当時手羽先の元祖として「風来坊」が有名でした(今でも有名だけど)。風来坊は辛くて、山ちゃんは甘いというイメージがあって、この2店はよく比較されていました。

創業者の山本重雄さん(私の名前と1字違いでびっくり)が「成功の秘訣は人のアイディアを頂くこと」と言っていたので、この10年の間に頂いてしまったのかもしれませんね。

一応味が変わったことに関して気になったのでヤホーで調べてみたのですが、私と同じように「以前は甘かったのけど、味が変わった」とブログに書いている方もいましたし、最近のコメントで「甘かった」と書いている方もいました。もしかしたら、店によって味が違っていたりして?

どちらにしても私は辛いのが好きなので、以前は風来坊派でした。でも山ちゃんの味が変わったのなら、ぜひ食べに行ってみたいです。テレビで見てすごくうまそうでした。でも金山まで車なしで食べに行くのが結構大変そう・・・
 
世界の山ちゃん


別窓 | グルメ(日本) | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

パセリ

天白区の名城大学の近くにある『パセリ』というお店に行ってきました。

このお店はホームページ上で大盛のお店ということで話題になっていました。その日は「おいしいとんかつが食べたい!」と言う気持ちが最大限に高まっており、しかも昼ごはんを食べていなかったので、絶対行くしかないという状況でした。

私は名城大学を卒業していますが、当時(20年以上前)はまだありませんでした。当時の大盛店は今でも有名な「マウンテン」で、よく食べに行きました。

車で行きましたが、ビルにとめると駐車券がもらえるので、駐車場の心配はいりません。

夕方7時ぐらいでしたが、お客さんはまだ少なかったです。でもしばらくすると、後ろの席に待っている人があふれてしまいました。ギリギリいい時間に来れたようです。

お客さんは学生ばっかりで、子供連れは私だけでした。他の人が食べているのを見ると、確かにすごい量。娘に食べられるか聞くと、「昼ごはん食べてないんだから、どれだけでも食べれる」とのこと。

料理は1人のコックさんが順番に作っているので、出てくるのに時間がかかりました。まわりに出てくるのを見ていると、あまりの量に不安になってしまいます。

私達の前に料理が来た2人組は1番高い「最強パセリ定食(1,980円)」を食べていました。ごはんもどんぶりに山盛で「これは食えんだろう・・・」という感じです。30分以内に食べたら認定証がもらえるそうです。

さて娘は「みそカツ定食(980円)」私は「かつ色々盛合わせ定食(1,000円)」を頼みました。まずみそカツが出てきて、かなり大きいカツだけど、これなら食べられそうだとは思いました。次に来たかつ色々盛合わせ定食はちょっと無理かなという感じです。

そしてごはんはどんぶりいっぱい。豚汁みたいな味噌汁も出てきて、見ただけでお腹いっぱいになってしまいました。

3種類のタレがテーブルに置いてあるので、順番にかけながら食べると、飽きないので食べられそう。一口食べると、これがうまい!!ただ量が多いだけでなく、うまいから人気があるんでしょうね。

でもやはり量が多すぎました。昔なら食べれたかもしれませんが、40過ぎた私にはちょっときつかったです。カツ2切れとごはん半分を残してしまいました。食べられなくて残したのは何十年振りのことでしょう。

食べきる自信満々の娘はほとんど残していました。でもなぜかごはんだけ食べきりました。

店員さんにアルミホイルをもらって、残ったとんかつを包んで持って帰りましたが、しばらくとんかつは食べたくないので、まだ冷蔵庫に入っています。

洋食工房パセリ


別窓 | グルメ(日本) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| たいころはタイのコロッケ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。